口ゴボの特徴とは?口ゴボかどうか確かめる方法を紹介

「口の出っ張りが気になる」という方は少なくないのではないのでしょうか?

鏡で横顔を見た際に口元がもっこりしていて、「自分の口が出っ張っているのでは?」と感じる人もいるでしょう。

そう感じて、調べてみたら口ゴボと呼ばれる症状なのかと疑問をもったことはありませんか?

口ゴボとは口元が突出している状態のことを指します。

口元がゴボっと出ている状態のことから口ゴボとSNSで流行し始めたのが由来です。

具体的に口ゴボかどうかを確かめるには顎から鼻の先端にかけて、想像上の直線を引いたEラインと呼ばれる想像上の線を口元が越えているかどうかが判断基準となります。

他にも今回は以下のトピックについて解説します。

  • 口ゴボの特徴
  • 口ゴボの由来
  • 口ゴボの人の割合
  • 口ゴボかどうか確かめる方法

この記事は口ゴボの特徴や口ゴボかどうかを確かめる方法、そもそも口ゴボの由来って何なのかという点について解説します。

そもそも自分は口ゴボなのか、自分の口の出っ張りは出すぎているのか気になるという方はぜひ参考にしてください。

歯列矯正をご検討中の方はお気軽にご相談ください!

口ゴボの特徴

今回は理想の横顔についての特徴と口ゴボの特徴についてそれぞれ解説します。

口ゴボの特徴を比較するためにもそれぞれの状態を知っておくと理解しやすくなります。

理想的な横顔

理想的な横顔とは、顎から鼻の先端にかけて、想像上の直線を引いた際に口元が出ていない状態と言われています。

一般的に顎から鼻先のラインのことをEラインと呼ばれており、Eラインよりも口元が出ていなければ理想的な横顔と言えるでしょう。

口元が出ている横顔

口元が出ている横顔とはEラインを口元が飛び出している状態のことを指しています。

以下のポイントに当てはまっていると口元が出ている可能性が高いので、一度確認してみましょう。

  • 口が閉じにくい
  • 口を閉じた時に下顎にシワができる
  • 口元が盛り上がっている
  • 口を閉じた時に鼻の下が長い

自分で鏡を見ながら一度確かめてみるのがおすすめです。

関連記事:口ゴボの原因は何?主な原因と改善方法を徹底解説

口ゴボの由来

口ゴボは下顎よりも上顎が出ている状態のことで、まさに口がゴボッと出ていることから口ゴボと呼ばれ始めました。

一昔前は出っ歯と呼ばれていた状態のことであり、SNSで女性を中心として流行し始めた造語でもあります。

口ゴボの人の割合

日本人の口ゴボの人の割合は約1割です。

この割合は世界的に見れば少し多い割合であり、その理由として日本人と欧米人の顎の発達が関係しています。

一般的に日本人の方が欧米人と比較して骨が小さく、歯を綺麗に並べるためのスペースが不足しがちなことが多いです。

口ゴボかどうか確かめる方法

口ゴボかどうかを確かめる方法はEラインで見分けることが可能です。

自身の手で顎と鼻を繋いだ際に口が当たる方法で確かめるのもいいですが、横向きになって鏡で確認する方法も口ゴボかどうかを客観的に見極める方法なのでオススメです。

関連記事:口ゴボの見分け方は?セルフチェックの方法を解説

まとめ

口ゴボとは口元が出ていることで、具体的に鼻と顎先を線で結んだEラインを越えているかどうかが判断基準となるでしょう。

他にも口が閉じにくかったり、口元が盛り上がっていたりといった点も口ゴボの方に多い特徴なので一度確認してみると良いです。

どうしても日本人は顎が小さくなりやすいという特性から、日本人の約1割という世界的にも多い割合で口ゴボを煩っています。

もし自分も気になっているならすぐに歯科医師に診てもらいましょう。

平山脩

コラム監修者

はぴねす歯科・矯正歯科尼崎駅前クリニック 院長 平山脩
岡山大学歯学部卒業後、岡山大学病院総合歯科に勤務。その後、大阪市内の歯科医院に勤務し、はぴねす歯科緑地公園駅前クリニックに勤務。2022年11月、はぴねす歯科・矯正歯科尼崎駅前クリニック院長に就任。